雨のち晴れ

子育て・考えたことやたわいのない日常を綴った日記です

小学校卒業。長男の成長を振り返ってみた~小学校編~

よく考えてみたら、長男は私の幼少時代に似ているのだった。家ではよくしゃべるし、我が強いのだが、1歩外へ出て集団に入ると萎縮してしまい、おとなしーくなってしまう。それを人は内弁慶と言う。ただし、私はあそこまでしつこく泣かなかった…多分。 小学校…

ガラスの少年達は認めてほしがっている

こんなに簡単に子供達は変わるのか~と思った事があった。 この前、大学生はもう春休みということで、少年団OBのU君が試合が重なり手薄なコーチ陣の応援に入ってくれた。長男達の最後の試合。 U君はとにかく、声掛けが上手い。例えば点には繋がらなかったけ…

人の幸せや不幸せに触れて思ったこと

またまた卒団係の話~という感じだが、少しだけ。 先週、唯一の専業主婦を捕まえて、写真を切ったり貼ったり、子供達の作文を直筆のまま掲載するという、昔ながらの製法でようやっと卒団文集を完成させた。 パソコンが得意な人ならチャチャっとやっちゃうん…

まさかのヤル気スイッチ、こんなところにあったとは…

…ちなみに、真剣に子供のヤル気スイッチについて真剣にお悩みの親には参考にならない話です… そういえば、最近三男の様子がおかしい… 昨日、私にまた、早く風呂に入れと言われる前にチャッチャと服を脱ぎながら三男が私に言うには、 「ぼく、生活習慣ついた…

2月28日 今日の心模様

あ~。私は今、余裕がない。 一つの仕事の効率を上げる為には、適材適所で、仕事を振り分けたほうが良いに決まっているのだけど、やはり難しいのだと身を持って実感している。 私達の代はみんな協力的だから大丈夫。というお題目で始まった卒団係だけど、い…

欠席連絡カード

インフルエンザA型が流行していて、学級閉鎖が、相次いでいる。 流行に乗り遅れまいと次男も土曜日から発症。家に籠っている。リレンザのおかげで熱も程なく下がり、今日も暇すぎる一日を過ごしている。 そんな暇な次男にとって、欠席の時に友達が書いて持っ…

PTAやってしまえばそれ程苦じゃない

PTA

そろそろ来年度の役員を決める話がポツリポツリ出てくる時期。 私は来年度、役員が決定している。あら、ガンボさん、またPTA?という感じなのだが、うちの小学校は子供1人につき1回なので、計3年やるのだ。 PTAなんてそもそも無理があるから入らない…

季節の行事

インフルエンザが流行っているので、気分的に、あまり頻繁に洗わない学校用の手さげやジャケット類などを根こそぎ洗いたくなった。洗うまでは良かったのだが、干す場所がなくて苦労した。チーン… 昨日は節分だった。子供達が幼い頃の思い出の風景に残ればと…

キチンとしている昔の女の人への憧れ

長男のスポ少卒団準備の為、なかなか頭を切り替えられず、どうも書けません。 卒団式、お食事会、涙と笑いの上映会の為のDVD制作、オマエら真面目に書けよ、監督にも渡すんだからね!の文集制作…まあ、楽しくもありますが。 それより、つくづく嫌になっちゃ…

とんでもアプリ『斉藤さん』で見られる子供達のゲス現象

次男がスマホを持っているR君の家におじゃまして遊んで帰ってきた。 「ママー今日スゲー面白い事あった!」 と言うので、なに?なに?なにー?とよりによって3男まで一緒になって話を聞いてみたら、とんでもない話だった。 『斉藤さん』という、知らない人…

もうすぐ小学校卒業。長男の成長を振り返ってみる~幼児編~

幼児期の子育てで1番悩んだのは長男だと思っている。とにかく、育てにくかった。 まず、1~2歳頃から早起きだった。朝の5時頃、「ママ、あしょぼ!ママあしょぼ!」と起こされ、勘弁してよ~とは思うものの、騒音問題もあり、泣かれたら困るとボーッとしなが…

人の悪口を言って徳することなし

最近、人の悪口ばーっかり言う人と一緒に役員の仕事をしなければならず、とてもストレスを感じている。 ママ友付き合いもベテランの域に入りつつある私。今さらと思いながらも、悪口についての心構えを検索してしまった… 人の悪口を言うというのはとってもリ…

自分がダメ人間だと落ち込んだ時の立ち直り方(私限定?)

若い時は、まあーくだらない事で落ち込んだものだ。若いっていいやね… 大学の時、寝坊して絶対行かなくちゃならない一限を遅刻しそうになり、これは不味い!とにかく急げと電車に駆け込んだのだが、寝過ごしてしまい、終点まで行ってしまった。 もうダメだ。…

5年9ヶ月

東日本大震災で津波にあった福島の7才の女の子の遺骨の一部が見つかったという。5年9ヶ月。5年9ヶ月。そんなに長い間、お家に帰れずにいたなんて。 あの震災以来、たくさんの人の人生が変わってしまった。 あの日、長男と次男は胃腸炎で揃って幼稚園を休んで…

12月31日

今、洗車待ちだ。大晦日は洗車場が混んでいると分かっているのに。あ~あ。今年も今になってしまった。 夏にブログを始めて5ヶ月。 今となっては、何故始めたのか自分でも分からない。始めのうちは自分が苦労した育児関係で人様の助けになるような事を書こう…

通信簿を見て反省して新たな気持ちで頑張る3日間

今年もあとわずか。 うちの小学生諸君には、通信簿を見て、自分を振り返り、来年の目標などたててもらいたいところだ。 なーんて言葉が出てくるところをみると、うちの子供達の成績がいかにパッとしないか、想像がつくだろう。 長男は右手骨折の為、左手でテ…

クリスマス伝説

長男が5歳の時、サンタさんにもらったディケイドドライバーを腰に装置した時の様子が忘れられない。 変身ポーズを試みたにもかかわらず、仮面ライダー·ディケイドになど変身出来ない事が分かった、あの瞬間… 忠実に変身ポーズを試み鏡で確認、また忠実に忠実…

RTママに言いたい事

私は今夜、勇気を出して書いちゃおうと思う。RとTのママ、通称RTママに言いたかった事を。 RTママはサッカーで一緒のママだ。シングル。チョー若い。ヤンママ。多分、恐ろしい事に、私と20才は年が離れている。 30代から40歳前半のママが主流派としたらRTマ…

一族の秘密

しっかし!好きだなあ、と思うのは巨大生物とか危険性物とか未確認生物の類いだ。 今夜、次男はTVに釘付けだ。サッカー少年ならばFIFAクラブワールドカップを観なければならないところ、超S級危険生物特番を真剣に観ている。 多分、次男はあらゆる不思議生物…

12の春~ママは何でも知っている~

昨年までは(5年生までは)女子と仲が悪く、喧嘩ばかりしていたサッカー6年男子チーム。 『あいつはすぐチクる!』だの『○○のことよくもイジメたな!』など大騒ぎをしているのを何度諌めたことか… だが、このところ、ビミョーに変化している…♡ 面白いので、…

よその家の洗濯干し

ハッキリ言ってどうでもいい話なのだが、この前、変に盛り上がってしまった話を少し…他人は何を考えながら洗濯干しをしているかという話です。ホント、どうでもいいんだけど… 事の始まりはAさんがご主人に脱いだ服を裏返しにしたまんま洗濯カゴに入れるのを…

頭のいい子にならない、ママの行き当たりばったりの戦略

3男には、3年生のうちにどうしても勉強習慣をつけさせたいと色々と試みている。だが、なかなか上手くいかず焦っている。こんな調子で高学年までいったら、3男は確実に落ちこぼれるだろう。恥ずかしいのだが、これまでの私の努力の軌跡を失敗例として残し…

いじめに対して親が出来る事は何か考え中。

神奈川の自主避難児童のいじめについて、なんとも言えない憤りを感じている。長期の不登校になる前に何とかならなかったのだろうか。 いじめについては色々と思う事が多く、まとまらないし、結論を見いだせそうにない。今後考えが微妙に変わるかもしれないが…

やる気が出ない者には何を言っても無駄

最近、忙しく無理がたたったのか風邪をひいてしまった。だるい… 今日は随分良くなってきた。が、家事がめんどくさくて仕方がない。洗濯物を洗濯機に放り込むまではいいが、干すのが面倒。やる気がでない。お母さんのやる気スイッチはいったい、何処にあるの…

「かーしーて」って言えば済むのか? 「ごめんなさい」って言えば済むのか?

「かーしーて」って言えば済むのか?「ごめんなさい」って言えば済むのか? これ、まだ子供達が小さくて、児童館や公園めぐりをしていた時に、どうしたものかしきりに考えていた事だ。あの頃は必死で、あっという間に過ぎてしまい、結論が出ないうちに忘れて…

ママ友会話のタブーは年齢とともに気にしなくなってきた。

ママ友の会合で、起業しているママをすごいよね、という話をしていたら、自ら専業主婦を選択しておきながら、起業する意味が全然分からないというママ友かいて、場が凍りついたという記事を読んだ。 ママ友との会合でいきなり空気が凍った瞬間の話 - 3人子育…

『ぼっち』恐怖症

運動会が終わり、次は社会科見学と何かと弁当を持って行く機会が増える秋。 小5の次男が言うには、 「もう、肉だらけ弁当やめて。」 肉だらけ弁当とは、6年男子で流行っている焼肉弁当の事だ。ご飯の上に肉がびっしり敷き詰めてある。 「何で〜?。あんなに…

不登校をどう考えるか

子育ての悩みの中でも、これは親は参るなと思うのが『不登校』。子供達の小学校でも不登校の子や半不登校状態の子は珍しくない。ママはとても苦労している。 最近は小学校のバザーなどあり、何かと忙しかったのだか、そんな中、数年前役員を一緒にやったHさ…

多分、 赤ちゃんはいろんな事を考えている~私が憶えている事~

今まで人に話したいけど、どうも話せない話というのがある。 その一つが、私は、なーんと母のお腹の中にいる時から3才位までの記憶を結構鮮明に憶えているという話だ。ただ、自分としては確かな記憶なのだけど、単なる思い込みだと思われるかもしれないし、“…

子供の騒音問題で悩んだ時期①~VS階下のおじさん

独身時代、1人暮しをしていたアパートは駅にも近く、2LDKと広かったので、そのまま結婚後も住み続けていた。大人だけならば、静かに暮らせていたのだが、子供が2人目、3人目となると、相当うるさかったのだろう、大家さんから苦情を言われるようになって…