雨のち晴れ

子育て・考えたことやたわいのない日常を綴った日記です

通信簿を見て反省して新たな気持ちで頑張る3日間

今年もあとわずか。

うちの小学生諸君には、通信簿を見て、自分を振り返り、来年の目標などたててもらいたいところだ。

なーんて言葉が出てくるところをみると、うちの子供達の成績がいかにパッとしないか、想像がつくだろう。

長男は右手骨折の為、左手でテストを受けたわりには、それほど下がっていない。まあ、良しとしよう。

三男はあんなにダラダラしているくせに、ちゃっかりAが6こ増えていたのが腑に落ちない。…まあ、良しとしよう。

問題は次男だ。下がっちゃってるじゃないの!

あ~あ。授業聞いてないんだろうなぁ。

それにしても、先生方も大変だと思う。最近の先生方は、通信簿のコメント欄に悪い事を書かない。褒めて伸ばす教育なんだろう。どんなに出来が悪くても、係の仕事を頑張っていたとか、図工では集中して取り組めた、だとか、なんのかんの良かった場面を見つけて書いてくれるので、せめてもの慰めになる…

ここだけの話だが、私の通信簿は酷かった。先生は言いたい放題。協調性がないとか、積極性に欠けるとか、中学生の時なんか、何事にもルーズだなんて書かれた。確かにそうなんだけど…あの時は、舐めてたよなぁ、というか、私、いまだに変わってない感じがする。まあ、いいや、今さら性格をなおしても意味がないように思う。

そんな事より、1番ショックだったのは次男Z会の成績表だ。全国でビリから〇番目だった。なんだ?これは!いくら難しいとはいえ、ひどすぎる。

早速、次男と一緒に机の周りを整理して、二学期のテストやらプリントやらと一緒にZ会の教材を整理したら、復習をぜーんぜんやってない事が判明。あぁこれじゃあ、無駄な投資に終わってしまうじゃない!

宿題は少すぎるので、1日で終わってしまった。ラッキー!クリスマスだ!と浮かれている場合じゃないぞ。サンタさんのプレゼントが言い伝えの通り、ドリルになってもいいのか?クリスマスはクルシミマスだ。

私がついてみっちり3日間、出来ない所をもう一度やらせたが、昨日から助かったとばかりに、1人で実家にお泊まりに行っている。今頃、ジジ・ババに甘やかされてさぞかし平和に過ごしている事だろう。

実は、このまま正月に突入し、お正月だからとダラダラと正月番組をみたりしているうちに、うやむやになってしまうのが毎年のパターンなのだ。

こちらだって忙しいし、のんびりテレビをみたいし、ずーっと子供の勉強に付き合うのも辛い。やってられない…

どうしようかなあ、と思いながらも、なにかと忙しい年末を過ごしている。